天使がのぞきみ(4) もとなおこ 最新刊のネタバレ注意 シャーロットのキスのお相手は?

もとなおこ作品のファンです

この作家さんは、絵柄は思いっきり少女漫画ですが

時代考証とかがとってもくわしくて

特にヴィクトリア時代の漫画がお得意で

服とか小物とか、とっても素敵に描かれているから

とってもおすすめの作家さんなのです(^^)

12話、タワーブリッジ開通

13話、ハニーズ・ホールの秘密

14話、ミスター・キャンドルの旅立ち

15話、ハニー、ヴィレッジの収穫祭

シャーロットの、印刷工房の持ち主だったおじいさまが亡くなり

父方の血が貴族で、結婚させられそうになってシャーロットが逃亡して

ハニービレッジにたどりついて9カ月です

で、ロンドンでブリッジの取材のために、新聞社のオーナーのシドと一緒にロンドンへ

で、ロンドンで、シャーロットの亡きじいさまのお墓に無事を報告して

シドは、シャーロットへプロポーズします(^^)

さて、イタリア貴族と結婚しないため、と

本当は女性であるヴィクトリアの結婚除けに、シャーロット=カルロッタは

社交の席ではヴィクトリアの恋人としてふるまいます

タワーブリッジの取材から、シャーロットは絵本を制作することに

いろいろな取材のために伯爵家のヴィクトリアとお話してまして

その時にデビュタントの白いドレスを着ていたら

イタリア貴族で、もともと結婚に反対していたベッキオ伯爵が

シャーロットのドレス姿を見て、恋しちゃうの

これは、大変そう(><)

さて、伯爵家にも唄にまつわる秘密があって

その謎を解いたら、シドと一緒に写っている女性の写真が

その人の名前はメアリー

シドの出生の秘密がいよいよわかりそうです(^^)

村ではキャンドルを作る職人さんがいて

村人みんなを祝福するろうそくを作ってました

で、彼が死に瀕していて、みんなに会いたい、って

橋を渡れない、シドの妹のサラを、シドがかかえて連れていきます

でもって、ろうそく職人の孫のヘンリーは

オーストラリアに行って一旗揚げてきて

サラにプロポーズです

サラが2年待って、って

2年後って、シャーロットが結婚できる時かな・・?

サラとシャーロットが、シドの時計を買いに行ったら

たまたまシドが近くにいて

暴れ馬に巻き込まれます

記憶が混濁して

最初は、子供に戻り

次はサラはわかってもシャーロットがわからない

シャーロットはショックで

出会ったばかりのころの短髪にして(男子の恰好で逃げてた)

そしたらシドはちゃんと思い出してくれて

俺のために髪まできって、って抱きしめてキスです

シャーロットも、シドを失うかも、って思って想いを自覚したので

相思相愛のキスですが

さて、シドの出生がこれからの二人にどうからんでいくのか(^^)

ってとこで次巻へ

次巻もとっても楽しみです(^^)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。