応天の門(11) 灰原薬 最新刊のネタバレ注意

道真がホームズで

業平がワトソンという平安時代の探偵ものに

貴族階級の闘争ががっつり絡んでます

57話、菅原道真、山中に椿の怪を見ること.1

58話、2

59話、3

60話、大路に髪切る鬼の現わるる事

61話、菅原道真、盗人に疑わるる事

番外編、天女に魅入られたる男の事

藤原は、4家あって

その中で、帝の後宮に娘をいれて権力を握ろうと暗躍してます

で、道真は、親父さま含めて、学者でありますので

政権争いにかかわらないようにしてますが

道真が賢くて、いろいろ助けたりしていて

伴(とも)に目をつけられて

先帝の子で帝の異母兄の源能有(よしあり)のとこにウソついて送られます

で、椿の精が言い寄ってくる、ってよしありがいいますが

道真が謎解きして、実は、よしありの正室が、夫の胤が欲しくて

側女たちを送ってたのね

娘がいないと、後宮に入れたり、出世させることができないからね

道真は、巻き込まれて迷惑だ、っていうけど

からまれてるとこを業平に助けられて

ひっそり暮らすか、お前が力となるか、だ、って

道真のところの侍女の白梅が恋文を落としたので

みなが生暖かい目で見てますね

髪を刈る犯人が出て、目撃証人が白梅に似てた?ので

業平に連れられて、道真がつきそって検非違使へ

当時、黒髪はかつらとして高く売れたようです

犯人捕まって、全然違いましたけどね

白梅は、イケメンの業平の顔は見られるし、書物は読めるしで

嫁にはいかずに、一生お仕えいたします、って(^^)

男が殺され、その現場の近くで道真が目撃されたってことで

道真が検非違使へ

犯人ではない、って証拠を出すのがむずかしく

とらわれたままの道真に、北家の基経が興味を持ったようで・・

ってとこで次巻へ

応天門の変ってのがありまして

それに向かって書かれていくのかな?

だとすると、まだまだ連載が続きそうですね~

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。