夢の雫、黄金の鳥籠(13) 篠原千絵 最新刊のネタバレ注意 メフメト殿下はどっちの子?

現在、ドラマ化もされているオスマン帝国の後宮のお話です

スレイマン1世の時代のお話で

この皇帝は、ほんとに戦上手で、配下にも恵まれ

(ってことは、配下を上手に扱える皇帝が偉かったんですけどね)

一大帝国を築きますが

この皇帝の後宮で、権力をふるったのがヒュッレム

奴隷から後宮に入って皇帝の寵愛を射止めて

息子が皇帝になるんですが

その過程を、現在この漫画で描いてます

時代考証も大変だとは思いますが

この時代、皇帝にならなかった皇帝の子は、全部殺されるのね

それがすごい・・

でもって、ヒュッレムの生んだ息子が

実は、皇帝の配下のイブラヒムの子では、って疑いがあり

それで、イブラヒムは、自分が後見しているヒュッレムの子ではなく

第一王子のムスタファを押します

ってのが、13巻の話なのですよ

史実を追っかける中で

いろいろイベントを作ってますが(ヒュッレムとイブラヒムの子か?みたいな)

もともと、ヒュッレムが後宮から出られないので

後宮物語、にすればそれなりに面白くなりますが(ドラマ化の方はそう)

皇帝が領土拡大のために戦争している

そんな場面が多くて

1冊の内容が、とても薄いのですよ・・

ベテラン作家さんではありますが

このシリーズは

新刊が出たのを見つけると

おっとり買って読む、って感じでおっかけてますので

わくわく次巻が楽しみ、とかではないな~

全巻出てからの一気読みがおすすめかも(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

夢の雫、黄金の鳥籠 13
夢の雫、黄金の鳥籠 13

夢の雫、黄金の鳥籠 13

[著]篠原千絵

Renta!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。