生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい(1) 溝口ぐる ネタバレ注意 ネット小説の漫画化版。おもしろくて原作を完結まで読んじゃった

おもしろかった~

1巻から2巻の間が長かったようですが

私は2巻が出てから、2冊一度に読んだので不満はないです

漫画版の2冊で、原作小説の1冊分

この二冊が面白かったので、小説を完結まで読みました

面白かったですよ~

プロローグ

1~6章

鏡の魔物のお話

エンダルジア王国に

スタンビートが起こります

魔物の森で魔物があふれて、人間を食いつくす、って現象です

人間の小さな魔力に反応するので

錬金術師のマリエラは、師匠がいたころに作った仮死の魔法陣をつかって

地下にこもって、スタンビートを生き延びようとします

目覚めたら、無事にスタンビートは生き延びたようですが

地下室でランタンを使っていたせいか

酸素が足りなくて、仮死は、扉が崩壊するまで持続していたようです

で、薬草を集め、ポーションを作りながらうろついていたら

狼に追われる馬車を発見

魔物除けのポーションを使って助けてあげました

黒鉄輸送隊、の隊長ディック、副隊長マルロー、隊員リンクス

彼らはマリエラの作ったポーションを金貨1枚で購入してくれます

スタンビート前のマリエラの覚えている相場の200倍!

ってことで、マリエラは、現状観察も含めて、隊員の馬車に乗せてもらうことに

王国は200年前のスタンビートで滅び

王城の地下には迷宮ができて、今では迷宮都市、と呼ばれているそうです

黒鉄隊が運んできたのは奴隷でした

さて

ポーションが見当たらない、って気づいたマリエラですが

色々と、知りたいことはあるけど、それをさらすのも怖いし、ってことで

自分の秘密を守り、裏切らない「奴隷」を買うことにします

値段がつかない、傷だらけの男ですが

その瞳がきれいで、マリエラには、極悪人には見えなかったので。

銀貨5枚、って申し出たら、マルローさんがうまく値切ってくれて銀貨2枚に

奴隷商人としても、ちゃんとした相手に買われたら幸せになれそう

って実況できたからよかった、って

ヤグーの跳ね橋亭、っていう、黒鉄輸送隊の定宿を紹介してもらい

奴隷も入れる部屋を借りられたマリエラ

この世界、生活魔法が充実していて

水、は呼ぶことができるし、乾燥もできます

奴隷の名前はジーク

命令で口止めして、錬金術の技でジークの傷を消毒したりします

部屋を出ると、マルローがいました

ポーション売りの窓口になってくれたり

色々秘密契約をして、黒鉄隊への売買を決めます

必要なものをリンクスの案内でそろえて

ポーションをもう一つ作ったら、ジークの目以外の傷を治しました

ジークをお供に、ポーション用の瓶をつくりに森へ

呼んだら、サラマンダーって大物が来てくれて

あっと言う間に完成します

移動に借りたヤクーの補償金、銀貨2枚が戻ってきたので

1枚をジークにあげるマリエラです

ここからはジークサイドのお話

精霊眼という特殊な力を持ち、力を誇っていたジークが

目を亡くして、転落していき、最後はマリエラに救われました

リンクスに、守れ、って言われて

気持ちを仕切りなおしたジークなのです

ってとこで1冊おしまい

このまま続けて2巻を読みます(^^)

生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 01
生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 01

生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 01

[著者]溝口ぐる [原作]のの原兎太 [キャラクター原案]ox

Renta!

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 01posted with ヨメレバ溝口 ぐる/のの原 兎太 KADOKAWA 2018年09月01日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。