カテゴリー

夏目友人帳(26) 緑川ゆき 最新刊のネタバレ注意 依り代の眠る里の後編。クッキーと&亡き友を訪問

大好きなシリーズです。

この作家さんは、絵が独特で、上手って感じではないんですが(すみません)

物語展開がものすごく魅力的なのです。

ですから、アニメ化された時、アニメの方が絵柄がスッキリしてていいな

とか思っちゃいました。

ごめんなさい。

新作がでると、欠かさず読んでます。

25巻から26巻へは、依り代の眠る里編が続きものでしたので

早くでて!って思ってました(単行本派なので)

103,104話・依り代の里編

105話・クッキーと森の入り口

106,107話・亡き友を訪ねて。

鬼滅の刃、が、亡くなる時の走馬灯、って感じで

過去の想いが描かれるように

夏目友人帳も、過去の人の想いが描かれることが多い。

依り代の里、の話も

魔術具をつくる里が、里を守るため、術者に馬鹿にされたくない、って

強力な魔術具を作ったら、制御できなくなって

でも、お前が悪いんじゃない、作った俺が悪いんだ、って天才の作家は嘆くのね

で、にゃんこ先生が封じられた猫だるまは、ちゃんと、封印用の術具であったから

にゃんこ先生のような封じられて力を持ったにゃんこが

わらわらいる里になってまして

里のにゃんこ達は、今は亡くなった術師の想いと、

彼の孫である、力はないけど里を愛している後継者を見守って生きてました。

そこへ、名取さんとか、的場くんとかが登場して

最強で最凶の術後の争奪戦となり

伴、っていう、的場当主の姉様を主にするものとかもあって

バトルになります。

名取さんと的場さんがタッグを組んでの呪文合戦

とても魅力的です!

最終的には、最強魔術具は無事に破壊され、にゃんこたちは

自分たちが利用されないように、散り散りに。

めずらしくも、にゃんこ先生が名取に礼を言って、解散となりました。

この依り代の里編、長編アニメにしてくれないかな~

クッキーの話は

にゃんこ先生が、大好きなクッキーを運んで森の東屋にしけこんだら

その小屋は、古くて付喪神みたいになってたのね

にゃんこ先生や、夏目くん、田沼が招待されて

で、たぶん、もうすぐ崩れるね、って夏目が

きれいで切ない話でしたね

夏目君が、にゃんこ先生が食べたいというゼリーを買いに

遠出をしたら、バスを乗り間違い

そこへ、名取さん経由で知り合いになった

依島さんと再会します。

依島さんは、なつかしい友人に会いに行くんですが

久しぶりで、ちょっと緊張してるので

乗り間違った夏目君に、一緒に来て、って

友人はもう亡くなってるんですが

借りていた本を返し、娘さんに逢って話を聞き

線香をたむけて帰るつもりが

娘さんは二人のはずなのに三人いて

さらに、この娘さん、人間じゃない・・

友人は、ちょっとかわった人形を買って

それを手紙に書いたら、依島さんが間違えて

娘が二人、って思いこんでいたらしい。

依島さんは、術の失敗で、片腕がやばいことになっていて

だからこそ、友人から距離を置いてたのね

で、友人の方も

病気でどんどん手紙の線がかぼそくなっていくと

依島が心配するし、バレてしまう、って手紙をかかなくなって

お互い、思いやってのすれ違いだったらしい、ってわかります。

夏目君がいてくれてよかった、って

いい話でした

ってことで26巻終了です

まだ連載は続くようですね

楽しみにしてます

夏目友人帳 26
夏目友人帳 26

夏目友人帳 26

[著]緑川ゆき

Renta!

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

夏目友人帳 26posted with ヨメレバ緑川 ゆき 白泉社 2021年01月04日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。