カテゴリー

信長のシェフ(30) 梶川卓郎 感想レビュー備忘録。夏と祝言!

大好きなシリーズです。

明治維新は、植民地政策の列強から日本を守る、ってことでしたが

戦国時代、信長平定の前後も

宣教師をつかって、スペインは植民地政策を進めてました

でも、日本への侵攻は二の足でした。

戦国時代、農民でさえ刀振り回していた、全人口総武力保持者だった

当時の日本に侵攻するには、リスクが高かったからね!

戦国時代があって、ある意味良かった!

信長のシェフ 30 (芳文社コミックス) [ 梶川卓郎 ]

246話、天下の面目

247話、統一後の未来

248話、日の本の価値

249話、謎を込めた風炉

250話、信長の後押し

251話、祝言の夜

252話、ヴァリニャーノの書簡

253話、信忠と武田

宣教師たちから、明を狙う継いでに日本が狙われていると感じ取った

信長と光秀は

その対抗勢力となることを決意し

光秀は、信長の名誉をまもるために、天下を取って、欧米に反旗することを考えます

ちょっと、正直、ここんとこのこじつけは、あんまり納得いかないけど

まぁ、本作の世界観では

明智は信長に心腹していて、それをケンも認めているので

本能寺の変がどうなるのか、まだ決定してないような・・。

宣教師を料理接待でケムにまき

信長の指令で、夏と祝言をあげることになったケン

みんなに祝福されて、合体シーンはなしです

翌朝の、髪をとく夏が色っぽいね(^^)

安土城の提灯ライトアップが終わり

本能寺まで、あとちょっとです。

その前に、武田の滅亡があります。

信玄より、武術、という点では強者だった、と言われる勝頼

ですが、信長は、名門武田家を残すことを絶対に許しませんでした・・。

そして、ケンと同じに

タイムリープした料理人が

伊予の国に一人・・。

ってとこで30巻終了

連載がサクサク進むので、単行本がすぐ出るのが

本当にありがたい!

一気読みすると、感動もひとしおなので

お正月とかに、本編を一気読みするのがおすすめです

ドラマ化も面白かったしね~

信長のシェフ 30巻【特典付き】
信長のシェフ 30巻【特典付き】

信長のシェフ 30巻【特典付き】

[原作]西村ミツル [画]梶川卓郎

Renta!

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

信長のシェフ 30posted with ヨメレバ梶川卓郎 芳文社 2021年09月16日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。