それでも世界は美しい(22)最新刊 椎名橙 ウルスラ編決着

アニメ化もされて

こてこての少女漫画の図柄ではありますが

太陽王であるリピは、

愛する母が殺されてから、残虐に回りの国を併合しており

愛するニケとの生活を守りたい、って思いながらも

自分のした過去と向き合う、ってことをきちんと描いてます。

目次

120話、カタストロフィ

121話、陥穽

122話、人間

123話、遭逢

124話、CHILD OF SNOW

125話、フィーガ・イデアール会談

4コマ漫画

リピは、正妻に苛め抜かれた妾腹の王子でしたが

アルターリアも、王の血を引く王子で

父親そっくりだったので、王の寵愛を失った正妻に

子供の頃から性的虐待を受けていたようで

どっか、壊れてます。

で、彼はまさに世界の終末を狙っていて

リピに、両親とか大事な者を奪われたウルスラ

アルターリアの策にのっかるんですが

いざアルターリアが終末のための気象兵器を動かしたら

ウルスラは、ことここにいたって、加害者であることの重みを知ります

で、リピは、すべてを失った、って自暴自棄になるウルスラに

俺を殺すために生きろ、的なことを言って励まし

やっとリピと出会えたニケが、最終気象兵器の何かに反応したから

なんとか異常気象は収まりますが

猶予は1っか月、ってことに

リピは、ウルスラに元領地の管轄をまかせ

猶予期間をつかって

ニケとともに、消えたアルターリアを追って最北を目指すわけです

って感じで22巻は終了

ウルスラの恨みを受けるリピ

恨みを抱えたまま生きるウルスラ

答えはないけど、生き抜くしかないんだ、って描かれる漫画でした

終末まであと一か月となったので

25巻くらいで終わるのかな?

雄大な世界観を持つファンタジー漫画です

ネタバレだけでは魅力が伝えきれないので

是非、本作を一気読みしてください

はじめの頃の、ラブラブハッピーの話が

今現在、重く、深くなっているのが分かります

次巻も読みます(^^)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村