アルテ(11) 大久保圭 最新刊 イレーネ王女の考え方 ネタバレ注意

女性が画家になるのが難しい時代

貴族の娘が画家を目指してます

この時代、娘に相続権がないからな~

アルテは女性肖像画の画家として、少しずつ仕事がもらえてますが

今回の相手は、なんと、スペインの王女さま?

目次

51話、カスティリャ王女

52話、娼婦ナンナ

53話、隠し部屋の夜

54話、思い出

★★

この時代、高級娼婦はほんとに教養が大事で

そういう点では、日本の吉原、花魁に似てるかも

枕営業だけでは、トップは張れない。

アルテのお友達の高級娼婦のヴェロニカは

アルテに色々教えてくれます

アルテの方も、娼婦に対する偏見とかないからね

現在、アルテが肖像画描きを頼まれてるのが

カスティリャのファナの娘・イレーネ王女だとわかります

今と違って情報がないからね

王家の系図ぐらいは、知りたいと頑張るアルテです

で、自分をさらけ出さないと、相手は心を開かない、ってヴェロニカに言われて

アルテはコイバナに走ります

うふ

面白い!

で、イレーネがくいつきますが

アルテが好きなのは師匠のレオで、でもそれは秘めていて

理由は、仕事に恋を持ち込むと、破綻する、ってヴェロニカに教わったから

それを聞いたイレーネが、ヴェロニカが「失敗した人生」として紹介した

娼婦ナンナのとこを訪ねる、って言いだします

アルテも侍女もびっくりですが

イレーネはナンナに、恋を選んですばらしい人だわ、って

のちにアルテは

イレーネの母が、狂女ファナ、って呼ばれていることを知るのね

夫を愛しすぎて

夫の死を受け入れられず、棺桶をつれて国中をまわったのがファナです・・。

人と違う、ことをイレーネは容認します

それが、あなたにとって普通なのよね、って

画家になりたい、って行動しているアルテのことを

まんま受けてめてくれるの

素敵な人です

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村