ポーの一族ユニコーン 萩尾望都 最新刊のネタバレ注意

萩尾望都の超絶名作

ポーの一族が、平成、令和となって再開されてます

再開シリーズとしては二冊目

1冊目は「春の夢」

1、私に触れるな

2、ホフマンの舟歌(前編)

3、後編

4、バリー・ツイストが逃げた

5、カタコンベ

ポーの一族って、どういう一族なの?

吸血鬼ってだけわかってるけど

大老(キング)ポーって?

っていう疑問が

サクサク解けていく再開シリーズです

ポーの一族は、大老ポーの血をもらった吸血族で

他に、ファルカが属している一族

ルチオ一族。、とか

超絶長命の一族が、いろいろあるみたいです

アランが炎の中におっこちていたのは、前シリーズの最後で

その時、エドガーもおっかけて落ちてた、って設定になってます

で、特殊能力で、ポーの一族の本拠地であった場所に空間移動したようです

そして、長時間かけて、人間の形に戻ってたんですって

本作の最初は

2016年

40年ぶりにエドガーと再会できた!って喜ぶフォルカの話から

で、そこに、フォルカが忌み嫌っているダイモンが現れます

このダイモンは、キングポーと同じくらい昔から生きている者で

アランを生き返らせたいエドガーに、手伝ってやるってささやきます

2話目は

1958年

ルチオの一族のいるベネチアでの音楽祭

小さい祭りですが、ここで長命の一族たちが集います

で、シスターベルナドットが、エドガーに色々教えてくれます

元はギリシャの神官で巫女だった

シビュラの預言者、って呼ばれてたんですって

でも国が滅亡してナポリ、ローマに逃れて神職に

で、ローマが国教をキリスト教にしたので、異教徒、アクマ、って言われて

シスターを始祖にするルチア一族は、男性のみ

貴重な古代の預言書を管理、今はバチカンとも裏でつながってる

ポーは北へと移動して、イギリスに

ですって

このお話は、オペラと音楽の教養があると、もっと素敵ですね~

私は、話半分しかわからなかったわ

次が1975年

エドガーがクロエと再会して

過去話です

ポーの里、薔薇の下には美しい男が眠っているらしい

それが、ダイモンと呼ばれた、バリーの異母兄・フォンテイーン

長命を隠さず、女たちを集めてハレムをつくり

時々人をさらったから、人間に怪しまれ、ポー大老が先手を打って

騎士たちに引き渡しました

バリーは、美しくて、自分を愛してくれていた兄を亡くして喪失感がすごい

で、そんな喪失感が、アランを失ったエドガーに似てる・・

1963年

バリーは空間を超える力があるらしい

アランが気にいって、カタコンベに連れていって

気持ち悪い、って拒否られたから、置いてこうとしますが

兄がつけてくれた本名のユニコーン、って呼ばれると

アランのいうことを聞かずにはいられない

なぜ?ってとこで、次巻に続きます

アランは復活できるのか

ユニコーンとアランの関係は?

次巻も楽しみです(^^)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。