日に流れて橋に行く(6) 日高ショーコ 推しマンガの感想レビュー備忘録。五百雀がかっこいい!

大好きな推しマンガです。

クッキーに連載中で、4話まとまると1冊発刊。

クッキーでは毎号連載ではないので、ほぼ1年に一度だったんですが

今回は、年に二冊でた!

めでたい

ネタバレ注意

日に流れて橋に行く 6 (愛蔵版コミックス) [ 日高 ショーコ ]

日に流れて橋に行く | 推しマンガ探ブロ。 (veteranmama.com)

24,すずかぜいたる

25,ふかききりまとう

26,その2

27,その3

おまけ

虎三郎の老舗に、鷹頭が投資を投下して復興しようとする

ってのが、縦糸で

その過程で、ライバルとか、従業員の色々とかがあるわけです。

6巻まできて、脇キャラ含めて、かなり掘り下げができてきたので

ものすごく面白い!!

ネタバレだけではもったいないので

是非、本編を購入してがっつり読んでくださいませ(^^)

デパートを学ぶために、先進国であるイギリスへ留学

いま、帰国した虎三郎だけど

長男で、後継だった存寅が、店の金を持ってトンずらします。

これ、実は訳ありなんじゃないかな・・

いまも、消息不明です(金も含めて)

老舗の呉服屋から、デパートへと転身するために

いま、老舗の店舗改装がはじまりました。

お金がなくて、虎三郎の幼馴染でもある

最年少番頭の五百雀は、必死です。

女性が働けない時代、

卯之原時子は、ファンっションが好き、ってことでコーディネートの仕事を与えられ

坂巻千鶴は、日越から、ほぼヘッドハンティングで三つ星へ。

ただ、日越からの転職を

大家には嫌われて、女が遅くまで仕事するのも、男アサリだ、って言われて

それを察知した卯之原さんのご注進で

三つ星の男連中が総出で、荷物運びにきてくれます。

大家を言い負かし、日割りで家賃を回収する男たちと

自分の部屋に住んで、っていう時子に、千鶴ちゃんは感涙ですね。

この時代、女が仕事する、部屋を借りる、ってことの難しさを

寅三郎は、見落とした、って後から聞かされて後悔し

店舗の改装に加えて、従業員宿舎も建てるっていいだすから

五百雀は、焦ります。

鷹頭が金を出してくれてるから、なんとかわたっている綱渡り

いま、鷹頭が虎三郎を見捨てたら

いろいろ担保を入れている虎三郎は、倒産で無一文だからです。

鷹頭は、自分の復讐のために虎三郎の共同経営者になったようで

ここらは、6巻まできても、小出しの状態で、伏線のまあです。

五百雀や、筆頭頭取の牛島も、同じことを鷹頭に言ってきたようで

(このままでは、虎三郎本人が破産するって)

皆に愛されてるやつをトップに据えた、ってだけで

虎三郎にしてよかった、って

で、五百雀に、虎三郎の才能をねたんで心配するな、って

五百雀は、自分にはないいろいろを持つ虎三郎を

自分の物差しで測って心配するのをやめよう、って思い直すわけです。

で、そう思って落ち着いて回りを見回すと

虎三郎についていけない、ってサクッとやめた、五百雀の先輩格だった元番頭たちが

虎三郎を引きずり降ろそうとしてることに気づきます。

おかしい、って思ったら

しっかり調べて、情けをかけるな。お店に迷惑をかけられるのが一番悪い。

昔、先輩番頭に教えられた通りに、五百雀は調べ

元番頭が、だれかにそそのかされて、三ツ星の番頭に返り咲こうとしていると気づきます。

ここらの顛末は、是非本編で

五百雀、かっこいいです!

6巻の表紙になるだけあります。

時子が気に入ってる作家による

三つ星デパートの新コーディネートの描写とか

これからも、色々あるみたい。

とっても楽しみです。

次巻、いつかな~(^0^)

日に流れて橋に行く 6
日に流れて橋に行く 6

日に流れて橋に行く 6

[著者]日高ショーコ

Renta!

このブログは主に最新刊ですが、既刊はこちら。

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかったのを紹介するブログ(パラレル入ってます) (seesaa.net)(1)外国が舞台の歴史漫画(2)

白泉社の漫画(花とゆめ、ララ、メロディ、他)で、おもしろかった漫画を紹介するブログ。 (seesaa.net)(1)白泉社の漫画(2)

集英社の少女漫画(別マ、マーガレット、クッキー、ココハナ、ユー)で、おもしろかった漫画を紹介するブログ。 (seesaa.net)(1)

完結漫画(1)完結漫画(2)

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

このブログが、購入のヒントになったよ~、とポチして下さると、うれしいです。  \(^0^)/

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

本ブログは、読了後のプロモーションを含んでいます。

日に流れて橋に行く 6posted with ヨメレバ日高 ショーコ 集英社 2021年10月25日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle