ミステリと言う勿れ(5) 田村由美 最新刊のネタバレ注意 育児放棄と放火

このシリーズは

毎回、問題提起の思い作品で

5巻では、親に殴られたり虐待された子供が

放火、って形で報復する話です

でも、虐待した親が死んでも、めでたしめでたしにはならないのが

人生です・・

8話、天使の言い分

8/2、遠火と近火

8/3、淡雪と消える

8/4、カエルの炎描

おまけのたむたむたいむ

今回は、というか

今回も、とっても重たい主題だった・・

親に暴力的に虐待される子を

自分も虐待されたから、って助けてあげたくて

その子に決断させて、親殺しを請け負う?って感じで実行して

でも、親から解放された子も

孤児となってからは苦労があって・・

それを知った、解放者(親を殺してあげてた天使)は

もうやめよう、とするけど

片棒を担いでいたカエルは、やめたくなくて・・

カエルは天使も殺してしまいましたね

重たいんですけど、それを上回る魅力のあるシリーズです

次巻も読みます

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

ミステリと言う勿れ 5
ミステリと言う勿れ 5

ミステリと言う勿れ 5

[著]田村由美

Renta!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。