カテゴリー

キングダム(64) 原泰久 感想レビュー備忘録。 桓騎の勝利と殺戮+王の裁断。

大好きなシリーズです。

映画化のパート2が、今年の夏に公開予定。

三回目接種のあとだから、映画館で観れるかな。楽しみ。

キングダム 64 (ヤングジャンプコミックス) [ 原 泰久 ]

691,かまどの数

692,第三の兵

693,浅い話

694,情報戦

695,箱

696,解放の噂

697,将軍の役目

698,虐殺の理由

699,首級の数

700,戦後の軋み

701,大将軍の帰還。

秦は現在、趙国へと進軍してます。

補給の厳しい中、六大将軍となった桓騎は、無謀な戦をしかけますが

駆り出された王寶と、それを助けにきた飛信隊は、なんとか崖を確保

一方、敗戦、と見せていた桓騎の部隊は

死んだふりとかしつつ、多数の兵が実は生きていて

これが、一揆に本陣を撃ちます。

趙の軍人たち、戦で殺しすぎて、心の平安を求める将軍たちですが

そんなのは、悪夢でもなんでもない、って桓騎が。

この人、どういう生まれで、どんな生き方して、この状態になっているのか

怖いわ~

桓騎軍が本陣を落としたので、趙軍は軍門に下ります。

捕虜は殺さないのが不文律でしたが

あまりに捕虜が多くて、彼らが反旗を翻すと、せっかくの勝利が水のアワ。

ということで、捕虜を片端からころしていく桓騎軍です。

絶対に反対する、ってわかっている飛信隊を遠くにおいやり

迅速に殺していく桓騎たち

それを聞きつけた、秦の国王えいせいが、親衛隊を引き連れて糾弾にきます。

はじめは、反論もしなかった桓騎ですが

桓騎配下のまろんが、捕虜の数が多かったからだ、と理由を述べ

それがまぁ、合理的な話だったので

今回限り、ということで、えいせいは桓騎を許します。

許したけど、心が重いえいせいを、励ましてくれるのは信で

それがありがたいえいせいです。

ひん死だった王寶も見舞う政。

二人とも、生まれた子供の話で盛り上がります。

王寶は、さくっと結婚して子供が生まれてるのね。

さて、趙国は、次なる将軍がいない!

一度は国から追い払った廉頗のとこに行きますが、これは、趙国首脳の反対で立ち消えとなります。

そしてついに、趙国は李牧を選び、復帰させます。

お~

キングダム 64
キングダム 64

キングダム 64

[著者]原泰久

Renta!

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

キングダム 64posted with ヨメレバ原 泰久 集英社 2022年02月18日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。