カテゴリー

ファサード(21) 篠原烏堂 最新刊のネタバレ注意 犬屋敷編完結、猫まみれ星の話 

大好きなシリーズです

月刊のウィング連載なので、単行本がでるのに

次巻はかかりますけどね(^^)

帰去来4~6

なかがき1

龍の光

なかがき2

猫にツツマレタ惑星(ほし)1~2

狼面(ウルフフェイス)二対(翼が4枚)教授、とかの

5人(5つの生命体?)と体を共通するファサード(正面)

21巻は、20巻の続き、去来編からはじまります

ファサードは、時空をいったりきたりしてまして

その場所も時間も選べません

で、江戸の「生類憐みの令」の時代に

狼面の姿で飛ばされて、お救い小屋、という

犬の囲い地にたどりついてます

ファサードが知り合ったのは「荻原」という犬屋敷に勤める武士で

もとは鳥見、という役職で鷹狩の犬を世話してました

さて、狂犬病が蔓延しているのか、犬がどんどん狂い死にしていきますが

潜伏期間がおかしいの

荻原をかばって、狼面が病犬にかまれますが

体調不良ではあっても、狂犬病らしくないのね

このファサードくん、ほとんど不死なので

体調悪くても、大丈夫なの

で、22巻では、荻原がかわいがっていた2匹の犬を

一匹は、老いたから、って鷹の餌にされ

二匹は狂犬病だ、って殺さずにはいられなかったって過去があって

今度こそは犬たちを守ってやりたいって思ってる、てわかります

さて

狼の姿から、紅毛人(当時は外国人をそう呼んだ)姿のファサードへと

転身しながら、将軍や柳沢吉保とかと関係をもち、真実を求めるファサード

で、御家取り潰しをされた医者が、海外からの皮膚からの毒を使っていたって

萩原は、自分を責めることをやめて、子犬をひろって、幸せになれそうです

メコン河で遊んでいたナーク(龍体)が、人の前にあらわれたのは100年以上前

今、神話のように伝わり、人間が花火をあげてます

観光資源として、地元は潤ってますが

前は、ほんとに河の底に龍がいて、天空の龍と「生きてるよ」って交信する

ためのものだったんだって

いい話だ

ファサードが下りたったのは、猫だらけの☆でした

どうも、猫がシノプシスみたいで、ともに共感状態で

☆を開発しているらしいです

にゃんこたちはロボットで

マスターとの定期連絡が途絶えてバグがおこりつつあります

ファサードは、マスターのとこに引かれるように転移して

マスターの船が破壊されるのを感じます

で、にゃんこ☆に戻りまして

その時、マスターの毛がファサードに残っていたので

マスターが「楽しみにしてる」って言ったことを伝えると

バグは解消され、いつかは、ロボット生命体として

この☆で繁栄していくのかもしれないね、って

このシリーズは、永遠とか久遠とかの流れが描かれるので

終わりが切ない話が多いのですが

そこがとっても魅力的なのです

次巻も読みたいです

ファサード(21)
ファサード(21)

ファサード(21)

[著]篠原烏童

Renta!

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

ファサード(21)posted with ヨメレバ篠原烏童 新書館 2020年07月28日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。