カテゴリー

軍靴のバルツァー(13) 中島三千恒 最新刊のネタバレ注意 亡命政権樹立とルドルフの参加

現世の疑似ヨーロッパ的な展開になっている本作

幼女戦記より、ちょっと前の時代の話です

バーゼルラントは、王制から選挙による共和制にかわり

バルツァーの母国のヴァイセンは、軍部の独走で王様が暗殺されたので

バルツァーは後継の王子をバーゼルラントに亡命させて、亡命政権を樹立します

76話、国境超え

77話、生存本能

78話、混迷の扉

79話、意外な援軍

80話、忙殺

81話、模倣

82話、変転

バルツァーは養子で

その母は、女性ではありますが、国家で有数の頭脳の持ち主です

その彼女が見込んだのがバルツァー

子供の頃から、ある意味天才でしたし

今、バァイセン国王暗殺を阻めず、皇太子をつれて逃亡しているバルツァーが

飛び込んだのが、この養母のところでした

国境が封鎖される中

バルツァーは、密輸業者の中にまぎれてバーゼルラントへ脱出を図ります

無事に対岸に到着しますが

養母はここで別れて、他のツテから応援するって

この皇太子、女好きで賭博好きですが

なんか、突き抜けたとこでは人たらしで

バルツァーのいうとおり

バーゼルラントで亡命政権をつくります

役職とかも、割り振ってね

ヴァイセンは、軍部の望み通りに世界大戦を開戦

で、それを見届けたルドルフは、ヴァイセンから離れて

今度は亡命政権のあるバーゼルラントのバルツァーの元へ

時間がない

バルツァーの策は、国境沿いの町をいくつか見捨てて

防衛線をひくことですが

地元民はもちろん反対しますよね

でも、軍主体の国となったヴァイセンの侵略予定速度はすごくて

バーゼルラントへ、あと少し

ルドルフのやることはかく乱です

電信を乗っ取って、いらない兵站を送ったり

敵の軍服きて、いろいろ襲ったり

そして、いよいよ、開戦へと

軍靴のバルツァー 13posted with ヨメレバ中島 三千恒 新潮社 2020年12月09日頃 楽天ブックスAmazonKindle

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。