カテゴリー

応天の門(16) 灰原薬 最新刊の感想レビュー備忘録。隠岐からの帰京、セクハラ男成敗、死人の料理人、などなど

名作の新作。

応天の門 16 (バンチコミックス) [ 灰原 薬 ]

84,流人の隠岐より帰京する事・3

85,4

86,宵闇に鬼出る辻の事.1

87,2

88,死せる膳夫があつものを炊くこと

89,宴の松原に屍のでる事.1

90,2

藤原の暴挙で

帝が迫害されたり、よくある平安の時代です

恒貞親王は、自分に巻き込まれて友人で配下の男が隠岐に流人にされたりして

謝る事しかできないけど

道長と業平の手助けで

京に入る前にこっそり会う事ができました。

で、再び隠岐に流されますが、言葉を交わす事ができて

静かに受け入れるのね

この漫画は、身分の厳しさ、藤原の暗躍などが、とってもhardでおもしろいです。

藤原南家の女をいたぶる男が

力持ちの侍女を手籠めにしようとして反撃されて

いろいろ動くので、道真が知恵を上げて

侍女の兄貴たちに、がっつりお仕置きさせました。

ここらは、是非本編を購入して読んでください。

料理人が死んだのが先か、料理を作ったのが先か、って

道真が推理します

松の下から死体がでて、その身元を探すのも

道真です。

で、その結果がでた頃に、伴家の当主が倒れます。

って感じで読了。

面白いんですが、次が出るまでがながい~。

まだ16巻だから、1巻からネットで一気読みとかがおすすめかな。

道長の名推理と、警察力のある業平のコンビ、良いです。

応天の門(16)
応天の門(16)

応天の門(16)

[著]灰原薬

Renta!

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

応天の門 16posted with ヨメレバ灰原 薬 新潮社 2022年11月09日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。