カテゴリー

ふるぎぬや紋様帳(5) 波津彬子 最新刊のネタバレ注意 白妙の過去話編

作家買いしてます。

大好きなシリーズ。

26~32話。連載5年め!

リゾートホテルを予約した伊都子さん

いろいろ仕事にトラブルあって、結局キャンセル

どうも、白妙さんの店のしりあいの爺様が

伊都子のおばあちゃまからかいまき修繕の依頼を受けていて、

おばあちゃま、伊都子の体を心配してたのね~

かいまきかけて寝たら、お肌つやつやです(^^)

客を選ぶ白妙の店に、酔客がまぎれこみます。

誰か(着物ね)に呼ばれてるんですが、伊都子の所長の友人らしかったです。

かけおちした奥様は亡くなって、でも質流れの着物が彼を心配してまして

奥様の想いが残ってたのね

三味線の腕はよいようで、やり直すようです

じいちゃんは古かわうそ

白妙はネコマタ

お互い仲良くはないけど、ふるいなじみです、って話

同級生三人でカフェをやりたい、って伊都子に依頼してきた女性たち

たちのわるいアンティーク着物やに騙されて

で、その着物には悪いものをのっかっていたので

白妙さんと店長が動いて、悪いもの倍返しです(^^)

カフェ代を使い込んでしまったことは、取り返しがつきませんでしたが

仲間の許しと結束は取り戻しましたね(^^)

昔のお話。

目のわるいお姫様のしきこ様、側にいたのは白いネコ。白妙ね

お姫様は、目が見えるうちに、いろいろ刺繍をしてまして

白妙(お姫様には白藤って名付けられてた)はそれを集めてます。

で、そのいくつかが、伊都子のおばあさまのとこに集まってたのね

おばあさまは、着物を大事にする人だったから

想いのある品には居心地の良い場所だったようです

律子おばあちゃま。

律子おばあちゃまの実家は、弟子のいる仕立て屋さんだったんだって

で、身内は着物に興味がないから処分するわ、っていうおばあちゃまに

私が相続してあげる、って言ったらしい、伊都子です

大人になって忘れて、はこせこを見て、夢で思い出しました

もう一匹、すみ、という猫がいて

白藤とすみで、しきこさまを守ろうとしたけど、すみは急死して身代わりがバレ白藤をしかって、しきこさまは側に置かなかった。

しきこさまは、嫁いで間もなく大震災で亡くなってるようでしたが

しきこさまの想いの残った白藤のきものをとおして、白藤と再会して会話して

許します、の言葉ももらえて

伊都子は、その着物を白妙に譲って、ひと段落です。

白妙がアンティークショップを始めたのは

しきこさまの着物と再会し、しきこさまの魂に触れることだったので

5巻でおしまいかな?

でも、あとがきには、完結って書いてない。

波津作品は、するする続く話が多いので

また次巻を楽しみにしたいと思います

皆さまも是非、本編を購入しておたのしみくださいませね(^^)

ふるぎぬや紋様帳 5
ふるぎぬや紋様帳 5

ふるぎぬや紋様帳 5

[著]波津彬子

Renta!

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

ふるぎぬや紋様帳(5)posted with ヨメレバ波津 彬子 小学館 2020年11月10日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。