カテゴリー

薔薇王の葬列(17) 菅野文 最新刊で最終巻の感想レビュー備忘録。見事完結!泣けた・・。

すばらしいシリーズがついに完結。

16巻で、愛する男を自ら処刑するリチャードの壮絶さがすごかった。

そして史実の通りに

リチャード三世は、戦場で亡くなります。

歴代イギリス王で、戦場で亡くなった、最後の王様となります。

薔薇王の葬列 17 (プリンセス・コミックス) [ 菅野文 ]

75~77話+最終話

リッチモンドが、フランスから上陸して

リチャード三世に敵対します。

数の上では、互角以上だったリチャード三世ですが

土壇場で寝がえりが続発し

戦いの中で死んでいきます。

これが史実。

戦場への前に

リチャード三世を憎んでいた母親が

お前は王の息子ではない、不義の子だ、って

だから、子供に八つ当たりしてたのね。

最後の最後まで、母親に愛されなかったリチャード三世ですが

許す、っていいおいて、戦場へと向かうのですよ

死体は、リチャード三世ではなく

側近のケイツビーが、身体だけ抱いて逃げる、ってエンドになってますが

肺結核による喀血の症状が出ていたので

まぁ、生き延びても余命はながくないでしょう・・。

って感じの、バッドエンドではありますが

これは、前から分かっていたことなのでしょうがない。

ひたすら、リチャード三世の人生を読み進んでいく、って展開でした。

絵柄の美しさとか

葛藤とか

本当にすばらしい作品でした。

是非、一気読みしてくださいませ。

夏休みの「課題」とかに選ぶのも良いかもしれませんね。

購入をおすすめします(^^)

薔薇王の葬列 17
薔薇王の葬列 17

薔薇王の葬列 17

[著]菅野文

Renta!

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

薔薇王の葬列 17posted with ヨメレバ菅野文 秋田書店 2022年06月16日

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。