カテゴリー

ましろのおと(30) 羅川真理茂 最新刊の感想レビュー備忘録。

雪と若菜

それぞれの道が定まりはじめます。

雪は進化

若菜は伝承、ですって。

ましろのおと(30) (講談社コミックス月刊マガジン) [ 羅川 真里茂 ]

116~119

桜のこと好き?

音が降ってくる相手で、ミューズだけど

では音が降らなくなったら?

俺ってひどくない?

という風に雪がぐるぐるしてます。

悩め!

雪の初代ミューズのユナさんと、雪が再会します。

雪は女慣れしてない子供のままで

大人のユナは、そんな雪といると共倒れする未来しか見えないので

ちゃんと、心でさよならします。

ここらは、ぜひ本編を購入して読んでみてください(^^)

ちょと色物系のダンスをしたら、バズッテ

取材に来られたので、若菜は、弟の雪とバトルがしてみたい、って

これが拡散されます。

雪のグループは、映画での注目もあって

フランスへと飛びます。

で、地下の小さい箱で演奏したら、とっても講評。

当人たちは引き上げますが

スタッフたちが飲んでいたら、飛び入りしてきた貫禄夫人。

アメリカのビックプロデューサーでした。

びっくり

STCの中でも

大学をきちんと卒業したい、とか

二人ユニットを創りたいとか

いろいろ自由にしてみたい、って

個々のポテンシャルが高いからこそ、自由度がある。

で、雪の方も

グループでゆりながら、爆発したい気持ちが抑えられない

米国プロデューサーの推しもあるようです

雪は世界に行っちゃう。

って感じで読了。

いよいよ兄弟セッションかな。

次巻も楽しみです(^^)

ましろのおと 30巻
ましろのおと 30巻

ましろのおと 30巻

[著]羅川真里茂

Renta!

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

ましろのおと(30)posted with ヨメレバ羅川 真里茂 講談社 2022年07月14日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。