カテゴリー

北北西に雲と往け(6) 入江亜季 最新刊の感想レビュー備忘録。みちたか、死んだの?日本に帰郷。

推しの作家の人気作。

絵柄が美しくてね~

で、食べるシーンが魅力的でね。

爺様は鳥の言葉がわかり

孫長男の慧は車の言葉がわかり

孫次男のみちたかは、どうも、人を操り?殺すらしい・・。

北北西に曇と往け 6 (青騎士コミックス) [ 入江 亜季 ]

42,慧の狩り

43,報せ

44,ここにねぶる

45,帰郷

46,瑞穂の国でエンスト中

47,且座喫茶

目の前でみちたかが警察に連れ去られ

警察に来て暴れた慧

でも、みちたかは警察には連行されてなかった

車の声がきえる慧はみちたかを追い

みちたかを狙っていた男たちを見つけるが

そこで途絶えて、みちたかは消えた

そして、湖で変死体があがり

その死体はみちたかでした。

両親を亡くし、弟も亡くした慧は

祖父に連れられて日本に帰郷。

いろいろ癒される中で

お茶のお点前が素敵でした

ここらは、是非本編を購入して読んで。

この作家さん、ものを食べるとことか、風景とかが

とっても素敵です。

堪能してください。

で、日本で充電するうちに、慧は、みちたかは死んでない、って確信します

爺様にはわからないけど、なんか、直感らしいのね

で、ミチタカには特殊能力があるから

生きてるのかもしれない・・。

って感じで読了。

このお話は、短くするとこんな感じですが

会話のない間がすばらしいんですよ。

そういう意味では、漫画という絵を楽しむ作品です。

熱烈におすすめ。

北北西に曇と往け 6巻
北北西に曇と往け 6巻

北北西に曇と往け 6巻

[著者]入江亜季

Renta!

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

北北西に曇と往け 6posted with ヨメレバ入江 亜季 KADOKAWA 2022年11月17日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。