転生したらスライムだった件(13) 伏瀬 テンペストが襲われた! 最新刊のネタバレ注意

このあたり、原作を読んでた時に、ドキドキしました

シオンがこのまま死んじゃうの?!って

でも、違うんですよね~

ということで、先が分かっているので

漫画版の方は落ち着いて読めました(^^)

59話、絶望と希望

60話、希望の条件

61話、魔女の処罰

62話、魔物であれ人間であれ

63話、逆襲の時

書き下ろし、ヴェルドラのスライム観察日記

ソウエイの警告があったので

ヒナタの攻撃を、分身することでやりすごしたリムルです

急いでテンペストに戻ると

人間に攻撃してはいけない、って言われていた魔族たちが

子どもも含めて、人間のつくった結界の中で

たくさん死んでいて、リムルは、自分の命令のせいで死んだ、って

落ち込みが半端ないです

シオンは、人間の攻撃から魔族の子供をかばって死んでいて

ゴブゾウも、シュナをかばって死んでました

ゴブタとハクロウは、ひん死でしたが

治療が効かない原因だった空間魔術をリムルが食べたことで

治療できるようになって生還です・・

そこへ、死者蘇生の昔話を、魔道王朝・サリオンの姫であるエレンが教えてくれました

ここら、ってはじめから設定されてたのかな

とっても納得いく、蘇生術でしたよ

ってことで、リムルは、自分が名付けた魔物たちの魂が四散する前に

結界張って閉じ込めて、みずからは魔王になることにします

贄として、人間の1万人の魂を道連れにね

さて、結界のために派遣されていたのはクレイマンの傀儡にされていた

魔女のミュウランです

で、彼女は恋するヨウムを人質に取られてクレイマンの指示に従っていて

彼女の推察ですが、ってことで

クレイマンがテンペストとファルムスの戦いを望んでいる、って

ミュウランの盗聴器付きの心臓を作り変えて支配を解いたリムルは

皆との会議で、自分が元人間の転生者だ、って告白

でもゴブタは、今のリムル様なら別にいい、って

そして主が何をしても、いいんだよ、って

そして、ベニマルたちには結界用のクリスタル破壊を命じて

自らが動きだすリムルです

ってとこで13巻は終了

次巻も楽しみにしてます(^^)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。