カテゴリー

MAO(マオ)(3) 高橋留美子 ネタバレ注意 百火登場。朽縄の名前は?灰猫が猫鬼の前身? 登場人物が一気に増える3巻。

猫鬼と摩緒だけでなく

猫鬼は菜花とも関係がありました

1話、猫鬼

2話、七又の尾

3話、新しい器

4話、守護の式神

5話、魚住さん

6話、凌雲閣

7話、兄弟子百火

8話、不吉の太刀

9話、灰丸

10話、朽縄

大震災の業火の中に、猫鬼が現れますが頭だけ

体は、摩緒と合体しちゃっていて

猫鬼は、摩緒から体を取り戻したいらしのね

摩緒は1000年に一度の器なんだって

でもって、菜花も器の体なんだってわかります

摩緒は猫鬼を殺せず、猫鬼も摩緒を殺せない

でも、摩緒の体が死んでから、菜花をゲットすれば、っていう選択肢が

今の猫鬼にはあるようです・・

で、時間軸がずれてますが

大震災の中で、ランドセルの菜花をみた猫鬼は

菜花の時代に逃げて菜花を狙い

それを知った摩緒がとっさに守護の式神をおくったんだって

現代に戻った菜花は、その式神が

家政婦の魚住さんだ、ってしります

死ぬほどまずいスムージーも、猫鬼に見つからないためのものでした

さて大正では

火の玉使い、って大道芸があったのですが

それは実は本物で、摩緒の先輩?だった陰陽師の百火でした

で、摩緒の過去話がちらり

陰陽師の後継者争いは、蟲毒、の作り方と同じで

5人の優秀者が選ばれますが

それは裏選考で、一人が供物とされます

それが摩緒でした

まだ新人だったのね

で、5人が殺しあって、摩緒も食って

生き残ったのが後継者となります

で、摩緒は、その時に現れたもののけと戦ったから

その時の記憶がなく

選ばれた一人の百火も、記憶がおぼろげ

でもって、師匠の一人娘で美人でアイドル?だった

紗那さまが、その時に殺されて、百火は、摩緒が殺した、って言いますが・・

もう一人、朽縄ってのも登場します

人殺しが趣味の若旦那に仕えて

死体を隠す役目の男ですが、彼も、陰陽師の生き残りらしい

あと、紗那が可愛がっていた猫の灰丸ってのがいて

これが、猫鬼の前身か?って

登場人物がどっと増えた3巻です

次巻も読みます

MAO 3
MAO 3

MAO 3

[著]高橋留美子

Renta!

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

MAO(3)posted with ヨメレバ高橋 留美子 小学館 2020年01月17日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。