カテゴリー

亡国のマルグリット(7) すもももも 最新刊のネタバレ注意。マルグリットの公認と結婚話。

大好きなシリーズです。

両親であるルナリア王国の、王と王妃を殺され

一人生き延びたマルグリット王女

10年後、男装して故郷ルナリアへ

そこで、母国が弾圧されてると知ります

その旅の同行者だった金細工師のルネは

実は、ルナリアを滅ぼしたロレンディアの王子

ルネは、男装少女のマルグリットが、ルナリアの王女と気づきますが

自分の身分を隠して母国へと戻ります

そして一年、王子は次期王としてめざましく成長

マルグリットも、知り合った人たちの協力で

ついに、王女の身分をあきらかにしました

25~28話

母国にロレンディアの兵を引きこんだマルグリットの叔父も

ルナリアの月の加護を、と月光を浴びるマルグリットの前では

民の興奮を抑えることができず、とりあえず引き下がります

ルナリアの鉱山が不当に占拠され、民が強制労働させられているのを

姫の名前で解放させ

色々な流れで、マルグリットの生存は

現在の征服者であるロレンディアの王妃の「公認」となります

その会議で、ルネがちょこっと話題操作をしていて、見事でした

叔父さんの息子であり、マルグリットの従弟であるフランソワは

武将より、羊毛つむぎの職人になりたい男の子で

職人を大事にするマルグリットに、尊敬されてうれしいのね。

領内の総括をするフォーマルハウトという老人は

周りの秘密を握って、恐喝しながら政治を動かしているようです。

そしてこの時代、女性の結婚は親族長老に決定権があるので

マルグリットの結婚を、ルビニスの息子のセドリックとの間で

強制的にまとめようとします。

結婚しちゃったら、王女の地位をなくし

政治にも関われなくなる。

セドリックは、マルグリットと結婚したあとに、命の保証はしないし

結婚をのがれようとするマルグリットに、周りの人間を傷つける、と脅迫します。

そして、ロレンディアでは、ルビニスの対抗勢力も動き出し

セドリックとの結婚話は却下されます。

それを知ったセドリックは、急いでマルグリットと結婚しようとしますが

そこへ、急使が。

マルグリットの相手は、ロレンディア王子

すなわち、ルネである、って

お~盛り上がってきた!

この作家さんのお話は本当におもしろくておススメ

作家買いしたかいがありました!

次巻も読みます。

亡国のマルグリット 7
亡国のマルグリット 7

亡国のマルグリット 7

[著]すもももも

Renta!

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

亡国のマルグリット 7posted with ヨメレバすもももも 秋田書店 2021年07月15日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。