カテゴリー

幼女戦記(23) 東條チカ 最新刊のネタバレ注意 アフリカ戦線継続中。

大好きなシリーズです。

ネット小説の漫画化版ですが

この作品は、とってもむずかしいので(軍事ものだし・・)漫画化された方が

非常にわかりやすい。

現在は、ドイツ帝国のほこるロンメル将軍のネタを

ロメールと名前変換して描かれてます。

ドイツって、ほんとすごく強大な国だったのね~。

テレビアニメ第二期も制作中だそうです。

こちらもとても楽しみです。

南方戦役7~10

神々の会議からスタートする23巻

ルーシー連邦(仮想・ロシア)

王国から革命で新たなる国家となり、神を信じない国家なので

神々がいろいろ策謀中

アフリカ戦線は

はじめこそ帝国が快進撃ですが

物資は足りないし、上官クラスが死亡していって

ついに、ターニャにまで、少佐クラスにまで指揮権がめぐってくる

(その場所の一番高い位が指揮官になるからね)

フランソワ共和国のド・ルーゴは

ライン戦線ばりの、死屍累々作戦を決行

ルメールも、それに対応していきまして

アフリカ戦線には、死を前にして神に祈る兵士らが充満

神様、大満足?です・・

歩兵をタンクにしがみつかせて移動させる、ってのを

ターニャがやります

これ、ロシアでのちゃんとした?戦術なのね

ちょっと考えつきそうだけど・・

砲弾を裂けるために、逃げるのではなく、敵地に入る、ってのを

ロメールがやりまして

ターニャの機転もあって、なんとか敵の指揮場所を制圧します。

ド・ルーゴは、撤退して罠を敷いてたけど

ロメールがおいついてこないので、とりあえず撤退だけ

ド・ルーゴが生ぬるい、ってことで

フランソワでは、ド・ルーゴ排斥の動きがありますが

この連中を、武力で黙らせるド・ルーゴです

ここらは、ほんとにあったこと?

ただ、アルビオンとか、対帝国で手を組んでる同盟国は

ド・ルーゴを支持してるのね。

戦場でのいきなりの指揮権だったけど

ちょこっと落ち着いたとこで

ロメール側近の女性中佐が、その役を受けてくれて

ターニャは、再び航空師団の遊撃に専念することになります。

新聞記者がきて、華やかな記事が欲しいと言ってきますが

ターニャは、ロメールの一気呵成が届かなかった時点で

帝國の敗退は決まった、って見てます。

それはロメールが一番わかってる

でも、それを記事にするわけにはいかないので

ターニャは

帝國に立ちふさがるものはすべて

私たちがかみ砕く、って言い切りますね

かっこいい!!

ってことで23巻終了

アフリカ戦線、どこまでターニャは参戦するのかな?

史実では、ロメールはクビになっちゃうんだよね。

相変わらずの面白さ

次巻も読みます(^^)

幼女戦記(23)
幼女戦記(23)

幼女戦記(23)

[原作]カルロ・ゼン [キャラクター原案]篠月しのぶ [漫画]東條チカ

Renta!

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

幼女戦記 (23)posted with ヨメレバ東條 チカ/カルロ・ゼン KADOKAWA 2021年10月26日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。