カテゴリー

夢の雫黄金の鳥籠(16) 篠原千絵 最新刊のネタバレ注意。天河の番外編が入ってた!

大好きなシリーズです。

ヒュッレムが後宮にいるので、あまり動きがないんですが

今回は、後宮ぬけだしたりしてますよ!!

あと、天は赤い河のほとり、の番外編が載っていてうれしかった。

天河は、篠原千絵の代表作の一つで、私個人としては、一番好きな作品です。

長編で、文庫化もされました。

番外編が出ると、元の作品、全部読み返したくなっちゃうから困る(^^;)

後宮の女性で、賢い人がいなかったのか?

ヒュッレムは、いろいろ情報を集めて

ベッドにいるスレイマンと「会話」が成り立つので

抱くだけでない寵妃に、スレイマンはご満悦です

ハンガリーを治めてるのは

スレイマン配下のアルヴィーゼで

この人は、スレイマンの同母の妹・ハディージェと相思相愛

現在、アルヴィーゼはイブラヒムの妻ですが

この時代のこの世界では、妻のやり取りがめずらしくないので

イブラヒムは妻・ハディージェの気持ちを知ってるから

アルヴィーゼに手柄を立てさせて、いずれはハディージェを

アルヴィーゼに娶らせたい、と思ってる

それは、ハディージェの親友であるヒュッレムも同じ

でも、アルヴィーゼは手柄を焦って、ハンガリーに圧政をほどこし

ハンガリーには反乱の芽生えが

ヒュッレムは、後宮の女たちを

スレイマン配下の地方高官の奥方に送り込んでます。

ヒュッレムに恩がある女たちが、各地に散ってるの

で、アルヴィーゼの情報も当然ヒュッレムのとこへ

そこへ、第一夫人のギャルバハルが登場して因縁つけるから

いつもはやりすごすヒュッレムが、その喧嘩を買って取っ組み合い

ギャルバハルがヒュッレムの顔に傷をつけます

スレイマンは、3日とあけずにヒュッレムのを呼び出しますが

ヒュッレムは、顔の傷を言い訳にスレイマンを拒否

一度ではなく、それが数回続いて、スレイマンは他の女性を相手にしないで後宮に来ない。

ヒュッレムが何か画策してる、って気づいてるのね。

で、ヒュッレムは、後宮を抜け出して、友達が奥様になってる高官のとこへ

そこは、まぁ、近かったけど

ハンガリーからアルヴィーゼを呼び出してほしい、って依頼をしちゃうのね

自分とイブラヒムの縁は切れてしまったからこそ

アルヴィーゼとハディージェの恋は実らせたい、って

さて、こっからは天河の番外編

エジプトとヒッタイトが、中東の二大巨頭になった時代

エジプトのラムセスは、日本から召喚された少女・ユーリに惚れてます

で、ユーリを愛しているのは、ヒッタイトの皇太子・カイル殿下も一緒で

すでに側室になってるユーリですが

この時代、女性は戦利品だからね

ラムセスはユーリが欲しくてウロウロしてます。

ちょうど、ヒッタイトでは七日熱が蔓延してます。

日本の麻疹ね。日本人は子供の時に予防接種を受ける

これ、致死率が高い病気なのよ。日本でも江戸時代にはバタバタ死んでる・・。

で、ユーリは、自分が予防接種されてるからって病人の介護にいっちゃうの

偽イシュラルの登場もあって、偽物を暴く必要もあった。

うん、本筋にそんな話があったな。

天河、名作だから、是非、一読をおススメ(^^)

夢の雫、黄金の鳥籠 16
夢の雫、黄金の鳥籠 16

夢の雫、黄金の鳥籠 16

[著]篠原千絵

Renta!

天は赤い河のほとり 1
天は赤い河のほとり 1

天は赤い河のほとり 1

[著]篠原千絵

Renta!

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

夢の雫、黄金の鳥籠(16)posted with ヨメレバ篠原 千絵 小学館 2021年12月10日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。