カテゴリー

エイラと外つ国の王(5) びっけ 最新刊のネタバレ注意 竜の国からゲハイムニース国へ。

作家買いしているシリーズ。

吸血鬼が王族になっているロートフェルゼ王国

拡大政策を取り、侵略戦争をしかけるロートフェルゼに対して

婚姻での和平を目論んだの隣国のゴルトフルーエ。

双子の王子・エリアス、王女・エイラがいるので、王女の方を王国の皇太子に嫁入りさせます。

イケメンのアロルド王子に惚れこんだエイラ。

でもアロルドは吸血家で、しかも男性の血液しか受け付けないので弱ってる。

アロルドに吸血されたエイラは、完全体にはならないけど

なぜか、男性体に変化して、結果、アロルドはエイラの血を吸う事で

健康?になります。

アロルドには弟・ダグラス王子がいて、これが、吸血鬼と吸血鬼の王族の間に生まれた、生粋の吸血鬼。

ダグラスはアロルドより自分が王位を継ぐべきだ、と思っていて

ロートフェルゼには王位争いがある

ただ、今の王・レナルトは、アロルドを王位に継承することにこだわっていて

それだけがアロルドの後ろ盾。

とりあえずエイラは、アロルドの妻として認められて

海外への外交旅行に出発

行く先はヴィゼスト国。

そこは竜の国で、人に従う竜ではあるが、デシーリア王妃の指示で

ビィゼストのかく乱を狙う吸血鬼のせいで

竜の子が食い殺された。

竜は子供の復讐に、アロルド一行のブラウソンを焼き殺す。

結果、ブラウソンに縛られていた吸血鬼たちが自由となって人を襲い

留置される。

ロートフェルゼ国内でも、ブラウソンの死で束縛を解かれた吸血鬼たちが

人を襲いだし、それを知った王族(吸血鬼)たちは、はぐれ吸血鬼狩りに走る。

力を持つ吸血鬼でも、数の上で人間にはかなわないので、吸血鬼だとは秘密なのね。

アロルド王子は、敵対していたブラウソンに毒の血を入れられて体調が悪い

ヴィゼスト王国の姫が、医者を紹介してくれて

それが、ゲハイムニースの医者、5巻の表紙の人です。

で、アロルド王子はヴィゼストに、自分たちが吸血鬼であると明かし

自分が王位を継いだあとは、まだ人に戻れるエイラに王位を譲りたい、と

内心を明かします。

そして、アロルド一行は、治療のためにヴィゼスト王国へ移動します

ってとこで5巻終了。

国の移動がひんぱんになってきたな。

そろそろ佳境かな?

エイラと外つ国の王 5
エイラと外つ国の王 5

エイラと外つ国の王 5

[著]びっけ

Renta!

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

エイラと外つ国の王 5posted with ヨメレバびっけ 秋田書店 2021年12月16日 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。