信長のシェフ(36) 梶川卓郎 推しマンガ。私の感想レビュー備忘録。次巻、37巻で完結。

推しマンガ。

終わってみれば長かった。でも、一気読みできちゃう面白さでしたね。

タイムリープしちゃったシェフのケンが

新しもの好きの信長に見いだされ、寵愛されて側に置かれた日々。

歴史にあまり詳しくないケンですが、本能寺の変で

明智光秀に討たれる、ってとこは知っていて

なんとか回避しようとあがく、ってのが

現在の36巻です。

信長のシェフ 36 (芳文社コミックス) [ 梶川卓郎 ]

信長のシェフ | 推しマンガ探ブロ。 (veteranmama.com)

マンガ大好き~おすすめ漫画ばっかりをご紹介 : 信長のシェフ を含む記事 (livedoor.jp)

信長のシェフ(36) 目次

294,謀反人

295,届け簪

296,最後の手段

297,追い付いた背中

298、朝もやの構文

299,この時代に生きる意味

300,届かぬ思い

301,自責

信長のシェフ(36) ネタバレ注意

京都の関は、明智の命令で全部閉まってます

ケンも、信長の間者たちも戻れない

井上に、間者の楓が伝言をたくすが

さて・・。

明智の雑兵たちは

相手が信長とは知らないのね

ここらは、史実かもしれない

土壇場まで、知らせなかったんだろうな~

ケンは光秀に追い付き

銃で狙って、謀反を止めようとしますが

ケンには引き金を引く勇気はなく

望月がこけて落とした鍋で助かります

そっからは、光秀の本能寺包囲網と

小姓達の奮戦があるも、信長が自ら火を放って

首を獲られないようにするのと

あと、秀吉が軍勢を率いて京都に入ってくるのが時系列で描かれます。

秀吉が京都に戻るまでが

歴史的には早すぎるようですが

それらの齟齬が、いったいどうなって

37巻の結末になだれこむのか!

次巻も読みます。

信長のシェフ 36

posted with ヨメレバ

梶川卓郎 芳文社 2023年12月14日

楽天ブックス

楽天kobo

Amazon

Kindle

訪問、ありがとうございました。  

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、購入して読んでくださいませ。

購入のヒントになると、うれしいです。  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

このブログはプロモーションが含まれています。