ふしぎの国のバード(6) 佐々大河 最新刊のネタバレ注意 秋田県目指して北上中

ハルタで連載中ですが

毎号連載ではないので

1冊にまとまるまで、ちょっと時間がかかります

時代考証とか大変だと思うから

気長に待ってます(^^)

25話、院内

26話、湯沢

27話、十文字

28話、六郷.1

29話、六郷.2

イザベラ・バード

女性探検家で、明治の頃に日本を訪問して紀行を残してまして

この漫画では美人さんですが、現存する写真では

意志の強そうな、おっかないおばさん顔ですね

脚気は当時の日本では不治の病で

今は、白米が原因のビタミンB不足だとわかってますけど

それを究明していた医者の小林と、バート+伊藤は遭遇します

湯沢のあたりで火事に遭遇

火事を当たり前、と感じる日本人の感性がすごいですね

風下の家をつぶす

で、鎮火したら、みんなもう笑っている

今回は焼死がなかったらしいから、それもありそう

すぐに再建築がはじまり

職人は稼ぎ時なんですって

火事になって、大福帳を川に投げ捨てて避難するのね

日本の和紙は、濡れても乾かせば大丈夫

和紙って、すごいよね

その和紙作りを見るのが十文字の町

六郷では、葬儀に出くわします

見合いではなく、好きあって身分違いで結婚した夫婦

妻が残され、皆に冷たい目で見られてまして

かかわったバードと伊藤が、葬儀の手伝いをします

湯かんとか、経かたびらを着せたり、とかね

泣くこともできなかった彼女を

バードさんが抱きしめて泣かせてあげるとこが、よかったわ

ってとこで区切りよく6巻は終了でした(^^)

次も読みたいです

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

ふしぎの国のバード 6巻
ふしぎの国のバード 6巻

ふしぎの国のバード 6巻

[著者]佐々大河

Renta!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。