カテゴリー

信長のシェフ(25) 梶川卓郎 最新刊のネタバレ注意 水軍対決決着、でイタリアからの宣教師到着

グランメゾン東京、って連ドラ

キムタクが主役ですが

玉森くんと及川さんが出演してまして

この二人で、ドラマ化された「信長のシェフ」で

信長=及川、シェフのケン=玉森、で演じてましたね~

連ドラが終わってずいぶんたちますが

連載はまだまだ続いてまして

でも、もうすぐ本能寺の変だわね

206話、秘匿の兵器

207話、激震

208話、織田を討つ策

209話、謀反の裏側

210話、風味よき酒

211話、オルガンティーノの進物

212話、偽りの理由

戦国めし

戦国地図

石山本願寺への兵糧攻めで

大阪湾の攻防戦となってましたが

織田方の九鬼水軍と、瀬戸内海の村上水軍の闘いで

織田方は、九鬼水軍に、軍艦をつくらせました

安宅船、っていう巨大船に、砲門積んで、ぶっぱなしたのね

村上水軍の傭兵力があって、壊滅させられませんでしたが

これで、九鬼水軍である織田方が、大阪湾を押さえました

同じ頃、水軍の闘いで織田がたたかれたら

荒木の謀反は、ドミノのように、織田を苦しめるはずでしたが

九鬼が勝って、石山本願寺が動けず、荒木の謀反は

単なる逆臣で、鎮圧まで簡単、となりました

そんな時、信長が、知恵者の明智に、織田を滅ぼすのはどうしたら良い?って聞きます

本能寺の変を知るケンは、その答えが聞きたくないのね

さて、新しい伝道師がやってきて

その男の名前はオルガンティーノ

信長は、彼をポルトガル人だと思ってましたが

ケンは、この頃のヨーロッパではフォークとか使わず手づかみだと知っていて

でもオルガンティーノが、フォークを使うようでしたので

イタリア人では、って推察します

イタリア

カトリックの総本山であるバチカンがあるところで

布教と同時に、斥候としての調査団でもありました

実際、これは私も知ってますが

イタリアなどの宣教師たちからの情報で

当時の日本に、騎馬と鉄砲があったことが

植民地化を踏みとどまらせていた、ってのは

歴史好きには、けっこう有名な話ですね

さて、信長を討ったのは明智、なのか

その本当の理由は?

ってことを、この漫画はまだ探りながら進んでいくようです

次巻も楽しみです

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

信長のシェフ 25巻
信長のシェフ 25巻

信長のシェフ 25巻

[原作]西村ミツル [画]梶川卓郎

Renta!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。