カテゴリー

応天の門(13) 灰原薬 最新刊のネタバレ注意 助けたはずが冨士山噴火対応を命じられたり、捨て子の幸せを画策したり

シリーズも長くなってきました

頭のよい道真くんが

いろいろ謎解きしたり

困っている人を助けたりしてます

で、権力闘争まっさかりの平安貴族

そっちの方も色々大変です

67話、土師忠道、道真と遇すること1

68話、2

69話、紀長谷男、竹やぶにて子を見つけること.1

70話、2

71話、山中にて天女に惑わさるること.1

72話、2

おっきな体で田舎者で

でも、とっても主思いで、やさしい忠道くんが

困りごとを道長くんに相談しみきます

権力闘争で、偉い人には逆らえないからね

自分の大事な上司がわりをくわないために、って

お使い物の酒の甕

割れたのは仕方ないが、割れた場所と時間へ、ごまかせる

ってことで

大納言の牛をあばれさせて、その時に割れたことにしました

大納言の無理難題からは逃げ切ったものの

主を離れて甲斐の、富士山噴火の対策の現場へと

送られてしまいます

アブナイ場所なの

道真は、やりすぎたから、って後悔しますが

仕方ないですね

あとは、親友?の長谷雄が、娘の父親、って赤ん坊の女の子をおしつけられますが

実は、放蕩息子と間違えられてまして

この子をなんとか幸せにしてやりたい、ってことで

娘を亡くしたばかりの、貴族の奥様に

神様からの授かりもの、って演出で、拾わせることに成功します

この話は、良かったな~

道真のパパの文使いに行った言道(ことみち)くん

山で迷って、文を紛失してしまいました

で、今度は道真と一緒に、鞍馬山の住職にお使い

今度は、ちゃんと住職にあって、文使いの仕事はできたのですが

帰りに迷って、入り込んだのが山小屋

山で天女と出会った、ってことみちは言うけど

そこの三人は、山姥のようなばあさまなのね

で、道真は、そこが盗賊の根城だと気づいて

二人して、木に登って明るくなってから逃げました

きのこに幻覚作用があったらしく

ことみちが相手した天女は、三婆だったみたいね(^^)

次は、なんか、業平が呼び出されて

色々巻き込まれるみたい

ってこては、道真も道連れかな

次巻も読みます(^^)

無料ブログで、いきなり閉鎖されたことがあり

怖くて色んなとこに書き散らしてました。

このブログで最新刊の「乱読ネタバレ備忘録」してますが

既刊に興味のある方は、こちらにも遊びに来て下さると

うれしいです。(^0^)

マンガ大好き・一番書いていた無料ブログ

BL漫画大好きだぞ・BLもたくさん読んでます。

外国が舞台の歴史漫画・のカテゴです。

白泉社の漫画・を集めたカテゴ

完結漫画・でおすすめの2

完結漫画・でおすすめの1

おお、こう並べるとけっこう書いてますね~(><)

訪問、ありがとうございました。  

記事が購入のお役に立つとうれしいです 。

簡略なネタバレでは魅力は伝えきれないので

是非、コミックス、ネット配信を購入してみっちり読んでくださいませ。

良い一日でありますように  \(^0^)/

このブログ記事が、お役に立ったり、面白かった時、

応援クリックしていただけると、励みになります。 m(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

にほんブログ村

応天の門 13posted with ヨメレバ灰原 薬 新潮社 2020年09月09日頃 楽天ブックス楽天koboAmazonKindle

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。